うまい酒の宝庫広島

鉄板料理には欠かせないお酒。日本酒・ジン・ウイスキー・サワー・ワインなど豊富にそろう。各店舗には店主よりすぐりのお酒が全国各地から集まり、その中には、広島のお酒もたくさん。地元の食材を使った鉄板料理と、地元で造られたお酒の相性は抜群。ここではそんな地元で造られているお酒を紹介する。


全国有数の酒処として知られる広島県。
日本酒をはじめ、ワイン、ウイスキー、ジン、特産レモンを使った果実酒やリキュールなどさまざまなお酒が造られている。東広島市西条は「日本三大酒処」のひとつに挙げられるほどの上質な日本酒の産地として有名。また、県北部ではワインやウイスキーも多く造られ、広島県産のお酒は鉄板料理店を含め県内の飲食店で味わうことができる。ここでは、てっぱんんキャンペーン関係者が選んだおすすめのお酒を紹介。もちろん、この他にもさまざまなお酒があるので、自分好みのお酒を見つけてみよう。

日本酒

なんと広島県内には40以上の酒蔵が!

酒処として有名な東広島市尋かし、東広島市以外にもたくさんの酒蔵が存在する。特に瀬戸内沿岸部の呉市には東広島市とほぼ同じ数の酒蔵が存在。県内全域を見ると、その多くは安芸エリアに集中しているが、その他のエリアにも酒蔵があり、その地区のお店でしか購入することができない限定品などもある。そんなお酒を求めて県内各地をまわってみよう。

TEPPAN(株式会社三宅本店)

広島名物・お好み焼に合うお酒をコン七プトに発売された発泡清酒。お好み焼の味わいを引き立たせるためにキレの良い味に仕上げている。よく冷やして飲むのがおすすめ。
●250ml/334円

雨後の月(相原酒造株式会社)

明治8年創業の相原酒造。「雨後の月純米吟醸酒」(写真)は爽やかな果実香と山田錦のうま味と酸味のバランスの良さが特徴。冷蔵保存し低温でじっくりと深まっていく味を楽しもう。●720ml/1,728円

一期夢一〈いちごゆめひと〉(小野酒造株式会社)

北広島町で酒造りを行っている小野酒造が、北広島町のみで販売している「一期夢ープルーラベル」。広島県産の酒米「こいおまち」を100%使った純米大吟醸。フルーティーさが特徴。●720ml/2,376円

クラフトジン

広島にこだわった初の純国産ジン

中国醸造が造る広島県産原料を使用した初の国産ジン「SAKURAOGIN」は2018年に設立された蒸留所[SAKURAO DISTILLERY」 で造られる。ボタニカルには広島県産のものを使用。[SAKURAO GIN LIMITED]ではジュニパーベリーにも広島県産を使用するほどとことん「広島県産」にこだわる。事前予約をすれにSAKURAOGINが造られている蒸留所の見学も可能。Made 血広島のジンが世界を驚かせる日もそう遠くはない!


SAKURAO GINORIGINAL

広島県産のフレッシュな柑橘類など9種のポタニカルとジュニパーベリー、コリアンダーシードなど計14種の原料を使用し伝統的な製法で蒸留されたクラフトジン。柑橘の香りと伝統的なジンの風味が調和した爽快なジン。ジントニックで味わうのがおすすめ。●700ml/2,160円

瀬戸内レモンサワー

広島県産のレモンを使った爽やかな味わいのサワー

近年都市圏でプームとなっているレモンサワー。その人気は専門店ができるほど。そのプームの波は、レモンの生産量日本一を誇る広島にも。ここ数年で趣向を凝らしたレモンサワーを提供する店舗が増加。産地直送という強みを生した、フレッシュなレモンサワーや、レモンをそのまま凍らせてうま味をギュッと凝縮させたレモンサワーなどその種類はさまざま。いろいろなお店を巡って自分のお気に入りのレモンサワーを見つけるのも面白いかもしれない。

氷結生レモンサワー/518円(袋町サワー専門店大衆酒場SOUR-YA)

丸ごと凍らせた瀬戸内レモンを氷がわりにたっぷりと入れて提供されるレモンサワー。1杯目を飲み干しても、中(サワー)だけの注文ができるので、2杯・3杯と飲んでいくたびに、レモンが溶けていきさまざまな味が楽しめる。

電話:082-541-0038
住所:広島市中区袋町5-5
営業:17:00~23:30(L023:00)
定休:日曜
駐車場:なし
交通機関:広島電鉄袋町電停から徒歩2分

キャンペーン詳細はこちら