竹原市

思わず写真をとりたくなる
カメラ片手に竹原散策コース

MAP
情緒漂う町並みやうさぎの楽園・大久野島がある竹原市。新たに竹原港と大久野 島を結ぶ定期便も就航!より大久野島へ渡りやすくなった竹原を楽しんで。

スポット1竹原町並み保存地区

江戸時代に製塩や酒造りで栄えた豪商の屋敷や由緒ある寺が残る、情緒あるエリア。「安芸の小京都」とも呼ばれ、散策を楽しみに多くの人が訪れる。2日前までに予約をすれば、観光ガイドが案内をしてくれるので初めてでも楽しめる。

電話:0846-22-7745(竹原市産業振興課)
住所:竹原市本町3
営業:24時間
休み:なし
駐車場:67台
交通機関:JR竹原駅から徒歩15分

スポット2たけはら海の駅(竹原港)

海の玄関口である竹原港の中にある道の駅。1階の売店ではお土産にぴったりな商品を販売。3階のレストランでは、海を眺めながら新鮮な食材を使った料理を楽しめる。

電話:0846-24-6100
住所:竹原市港町4-2-24
営業:ショップ・軽食 
8:00~19:00
(レストラン11:30~LO14:00)
休み:第3火曜
駐車場:20台
交通機関:JR竹原駅から車で約5分

スポット3大久野島

「うさぎの楽園」として知られている大久野島は、900匹以上のうさぎが生息。瀬戸内海国立公園であり、四季折々の自然の変化を楽しめる。島内唯一の宿泊施設「休暇村大久野島」では温泉や宿泊、食事を満喫することができる。

電話:0846-26-0321(休暇村大久野島)
住所:竹原市忠海町大久野島
営業:24時間
休み:なし
駐車場:なし
交通機関:忠海港から船で約15分

グルメ1ほり川

町並み保存地区の一角に佇む、築200年の醤油蔵を改装した店。竹原を舞台にしたアニメ「たまゆら」に出てくる店のモデルとしても知られ、「たまゆら」とコラボしたフォトジェニックな逸品や喫茶メニューも充実。

電話:0846-22-2475 
住所:竹原市本町3-8-21
営業:11:00~14:30(LO14:00)、
17:00~19:30(LO19:00)
休み:水曜
駐車場:8台
交通機関:JR竹原駅から徒歩10分

グルメ2御幸

純米吟醸たけはら焼スペシャルは、自家製スープで蒸し焼きにしたキャベツに酒粕と生姜の風味がマッチ。さらにうどんを合わせることでより酒粕ペーストのもっちり感を堪能できる。チーズのトッピングも合う。

電話:0846-22-4430 
住所:竹原市中央5-9-1
営業:11:00~20:00(LO19:40)
休み:月曜午後(祝日の場合は営業)・火曜
駐車場:12台
交通機関:JR竹原駅から徒歩8分

グルメ3竹原の地酒

竹原市内には「中尾醸造」「藤井酒造」「竹鶴酒造」と3つの酒蔵があり、伝統的な酒造りが行われている。純米吟醸の酒粕の入ったお好み焼「純米吟醸たけはら焼」はもちろん、三大銘酒も味わってみよう。

【買えるお店】
電話:0846-23-5100(道の駅たけはら)
住所:竹原市本町1-1-1
営業:9:00~18:00
休み:第3水曜
駐車場:48台
交通機関:JR竹原駅から徒歩10分

モデルコース思わず写真をとりたくなる
カメラ片手に竹原散策コース

MAP竹原市のコース